受胎骨盤矯正

鎌田恵・子宝セラピスト主任考案
骨盤のゆがみ・ゆるみと子宮・卵巣のオ血(ドロドロ)を同時に改善するオリジナル骨盤矯正

子宮は靭帯で骨盤内に吊られています。

骨盤がゆがむ事で付着している靭帯も伸びたりねじれたりします。なので靭帯と共にある子宮動脈にも血流障害が起こり不妊症の原因になると考えられます。

骨盤を矯正する事で、靭帯や子宮動脈の血流を正常にする事に効果があると考えられます。

実際、受胎骨盤矯正を取り入れて子宮内膜の厚さや月経痛、妊娠率も改善しています

それだけでなく、腰回りが細くなり痩せた!小尻になった!という声も多数出ています。お試下さい。

不妊体質や子宮・卵巣の血流・機能改善のメドが立った所で、希望されれば、来院3回目位から導入すると、より効果が増強します。

ソフト・無痛でボキボキしない安全・安心で有効です。

改善に必要な矯正回数は個人差がありますが、平均5回位です。その後、月に約1回の矯正で維持出来る事が多いです。

tel